2006年2月24日 (金)

明日は新天地!

Sanpo 実は、マーロの本当の家はここではない。

貰い受けた翌日から飼い主が、留守にすると言うので我が家で預かっていた。夜は寂しいのか“く~~っ”とか鳴いてるがココで優しくして馴れてしまい。また新しい家で寂しい思いをしては、可哀そうかな。と思い、我慢に我慢を重ね。撫でたいキモチをぐっと抑えてました。

たった3日間だけだが、やはり情はわくもの。同じ町内だから何時でも会いに行けるとは思うけど、やっぱり寂しいね。ここでの最後の夜も、鳴くんだろうな~!

| | コメント (390) | トラックバック (9)

2006年2月23日 (木)

2日目

Malo 遅くなったので、気づかれない様に静かに帰ったが、やっぱりそこは犬。嗅覚か聴覚かわからないが、小屋から出てきてクンクン鳴いてシッポを必死で振っていた! ここで心を鬼にしなければイケないのだが、今回は負けてしまい。なでてやると、今度は仰向けに転がったので、腹をさすってやった。なんとも気持ちよさそうに足をピクピクさせてた(笑)

案の定、その後家に入るときが、ちょっと辛かった・・・・!

| | コメント (265) | トラックバック (1)

2006年2月22日 (水)

ゴールデンがやって来た!

060222_15290001 2006年2月22日(水)、ゴールデン・レトリーバーのマーロが家にやって来た。

2005年11月4日生まれの足の大きな子です。最初から人懐っこくて出会ったその瞬間からジャレ付いて来るので、番犬には向かないが、家族の一員なら文句なし。

今日は雨だったが、餌をやって1時間位散歩に出かけた、どうやら木の枝とかをカジルのが好きらしく、見つけては取っ組み合いをしていた(笑) カワイイ~~! 実家付近は田舎の為、遊び場が豊富。近くに谷川があり、そこで水しぶきを見て興奮。何度も顔を突っ込ませたり、手を突っ込んだりしてました。谷の石はすべるので、ずっこけたりしたとこが何とも可愛く。下から見上げるツブラな瞳がまた可愛い。 ただ、初めての場所で初めての会う人間に連れられて歩くのは、犬にも不安があるのか、何度もこちらの顔色を伺って、『ご主人様と違う人がいる』『どこに連れて行かれるんだろ』、『ボクは捨てられるのかな?』なんて思ってるのか、前半は寂しげな顔で何度も見上げてました。

しかし後半、谷川に行ってからは飛び跳ねたり、塀に足を掛けて向こうを覗こうとしたりで、はしゃいでました(少しホッとした!) まあ、久しぶりの犬の散歩は新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ペット |